フィットネスクラブとよく比べられたり混同されたりする設備にスポーツジムがあります。最近では新しい運動法や器具を取り入れたり多角的なアプローチをする施設も増えているので、施設によってできることが異なりますが、フィットネスクラブとスポーツジムの大まかな違いを説明します。

プールフィットネスクラブは、体づくりや体力の維持を目的とし、屋内プールやトレーニングジム、スタジオなどのバラエティに富んだ室内設備を持っている施設のことを示します。また、器具の扱いやプログラムの指導を行うトレーナーやインストラクターも配備されています。ほとんどの施設が月単位・年単位で契約を行う会員制を採用しており、継続的に体をつくっていくことを後押ししてくれます。器具や設備が充実しているため、幅広い年齢層の人が利用できるだけでなく、様々な目的や目標に合わせた利用も可能です。

一方のスポーツジムは、筋トレを中心にできる器具やマシーンが充実しており、フィットネスクラブのようにプールやスタジオなどを持っていないところになります。トレーナーが配備されていないところも多く、自分のペースに合わせてトレーニング量を調整したりメニューを考えなければいけません。最近では24時間営業のスポーツクラブやジムもあります。